個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
| 記事TOPへ戻る▲| TOPページへ戻る▲
個別記事の管理2018-06-20 (Wed)
2018年6月20日(水)

仕事を切り上げて日比谷へ。
ミュージカル「シークレットガーデン」ソワレ観劇です。

c0027298_1285294.jpg
c0027298_128529.jpg

2回目なのであらすじやキャストメモなどは割愛。
My初日の投稿に書いてます)

さて、今回の観劇ですが、、、
結論から言うと、

すっごく進化していて めっちゃ良かったです!!

もちろん前回も良かったのですが、
まだ始まったばかりで全体的に固さや前のめり感があったのです。
今回はかなり柔らかく、深く、より丁寧に細かく進化しているように感じました。

また、今回脱帽だったのが子役ちゃん。
メアリーの子がめっちゃお上手で、(前回の子もモチロン良かったのですが)
全体的に肩の力が抜けて振る舞いが自然で、お芝居がとても上手。
それぞれの場面でのメアリーの心境や、
そういう行動をする理由がちゃんとわかるメアリー像で
物語にすごく引き込まれました。
お歌もめっちゃ上手で、どの音もしっかりバッチリハマる安定感。
ほんの一瞬だけ高音が掠れたことがありましたが、
ほぼパーフェクトじゃないでしょうか。すごい。

コリン役の子も、なんとなく大河ドラマに出ていた加藤清史郎くんの
「わしはこのようなところに来とうはなかった!」っぽいというか
幼さが残ってかわいらしく、素朴で純粋な感じ。
反面、あまりへそ曲がりっぽくはないのですがw
とにかくかわいらしくて、守ってあげたくなるコリンでした。

二人の組み合わせがとても良くて、
物語全体がとても優しい世界になっていました。

また、石丸さんのアーチボルドおじさまもさらに進化。
お芝居の丁寧さや細かさもそうですが
歌もさらに磨きがかかり、
極上のガチンコ歌唱をたっぷり堪能できます。
全体的にクラシカルな声色に統一なさっているので
甘く優しい艶やかさに加え、しっかり芯のある美しい歌声が素晴らしいです。
アーチボルドおじさまの歌が多いので
石丸さんファンとしては、石丸さんの極上歌唱をたっぷり楽しめる
すごくおいしい演目だなあと再認識。
終盤、泣き顔でゆっくり崩れ落ちる辺りとかも美しくて、
ああ~ほんとに美味しい演目だ!w

また、体が不自由な設定なので
背中にコブがあって、背筋も曲がっていたりなのですが
時折キラリと貴公子オーラが出てくることがあって
ああ~石丸さん持ち前のプリンス成分が漏れ出してませんかね?(ご馳走様ですw
こういう点でも美味しくて、食い入るように見入ってしまいましたw

お花様リリーも、これ以上のリリーは無いんじゃないかと思う程。
慈愛であたたかく舞台空間を包むオーラといい、
幽霊というよりは女神のような神秘的で神々しい存在が素敵。
石丸さんと並ぶと、あまりに美しくて
まるでおとぎ話の絵本の中から抜き出てきたような完璧な美しさが眩しいのです。

また、昆ちゃんマーサも素敵で、彼女のまっすぐな歌声がすごくイイ。
前回よりもこなれた感が出てきて、
もうちょっと力が抜けてもいいんじゃないかと思いつつ
マーサが終盤でメアリーを励まして歌う曲もとても良くて、
ここで何でか感動して涙がポロリとこぼれてしまいました。

また、全体的な感想ですが、2回目の今回は客席がだいぶ後方だったので
舞台全体を良く見渡すことができ、
舞台美術の美しさをようやく味わうことができました。
舞台美術や装置の転換、それによる場面の切替なんかについては
この舞台はすごく美しくて、スッキリしていてとても好みです。

ただ、やっぱりちょっと間延びして感じてしまうのは
ディコン登場時のソロと
枯れはてた庭の「生命の芯」(でいいのかな?)についてディコンとメアリーが歌う場面。
がらんとした舞台空間でぐるぐる動きながら歌うだけ、っていうのが
歌詞の内容もあって、ちょっとぼーっとしちゃう感じがしちゃうのがもったいないなあ~と。
ディコン君の歌は前回より良くなっていたし、
より細かく芝居も入れて頑張ってらっしゃるので、陰ながら今後の進化を応援しています!

というわけで、1週間でぐんぐん進化していて
舞台の最後ではじわーっと温かい涙がこぼれ、
温かい結末に心が解きほぐされていく感じ。

幕切れの、この舞台のクライマックスのどっちゃらけ感はまだ若干あるけど
前回よりはどちゃっと感が薄くなったかなあ?
単に私が慣れたってだけかもしれないけどw

そして、前回疑問だったネヴィルの方向性ですが、
彼は彼の正義に従って正しく行動してきたつもりだった、という事のように感じました。
ネヴィルなりの「良かれと思って」善意でやってきたことを
メアリーと秘密の花園の持つ魔力が上回った、ってことなのかな?
(ネヴィル可哀そう、、、)

秘密の花園という作品自体への私の認識が無いからアカンのですが、
これってそもそもファンタジーなのかな??
まあ、小鳥と話せるって辺りからして童話ファンタジーっぽいけど、
特に疑問だったのが中盤、コリンを取り囲んで
グルグルとインド式おまじない?をするところ。
あれでコリンに取りついていた屋敷の悪い魔力を打ち払って、
コリンは本来の力を取り戻した、ってことなのかい??
唐突になにか召喚でもするような謎儀式が始まって
あの場面は割と謎でしたw
ツイッターで、フォロワーさんが
「チキルームに見える」っておっしゃっていたのを拝見して、
もうそうとしか見えなくなりましたw
今度見るとき絶対に余計なこと考えそうで怖いですw

あと、その前にマーサが「こんな真っ暗で何を見るんだ」って言ってたのに
メアリーがコリンを連れてきたあとは
みんな普通にお庭の木々が見えてるらしいところもちょっとナゾ。
照明が変わるから月が出たってことかなあ?と思うことにしていますが
その辺りどうなんだろうか?

そんな真っ暗闇の中であの謎儀式とか、
冷静に考えるとちょっと怖いようなw
とまあ、細かいことを突っ込む野暮で申し訳ないのですが
気になっちゃったんだから仕方がないw

ちょっとしたツッコミポイントはありますが
総じて歌、音楽、お芝居、舞台世界、どれをとっても美しく
優しく温かい物語をたっぷり堪能できました。

次回の観劇が楽しみです。
素敵な舞台をありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト
Theme : ミュージカル * Genre : 学問・文化・芸術 * Category : シークレット・ガーデン
* Trackback : (0) | 記事TOPへ戻る▲| TOPページへ戻る▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。